バイト先のオンリーワン

話しやすい仲間

播州姫路本町 たまごや 1

播州姫路本町 たまごや

 私が働いている“たまごや”は、働いているスタッフの年齢層が幅広く、主婦層の同年代の仲間や大学生くらいの若い仲間もいます。

年齢幅があるとジェネレーションギャップもあってやりにくいんじゃないの?と思われがちですが、そんなことはまーったくありません。同年代の人たちとはやはり気が合いますし話すことも多いですが、若い人たちとだって気さくに話しますよ。ここに集まってくる人たちは明るくて温かい人ばかり。皆が仲良く家族のような集団です(笑)。だから、私は「話しやすい仲間」はこのお店の魅力だと自信を持って言えるので、それをOnly1に選びました。

  • 文章/Masashi Nonaka
  • 編集/Tomoya Ikeo・Yumiko Nakanishi
  • Photo/Masashi Nonaka

Q1.このアルバイトを選んだ理由は?

播州姫路本町 たまごや 2
 先ほども言いましたが、“たまごや”は年齢層が幅広く、スタッフ募集の求人表にもそのことが記載されていて、それなら私でも働けるかなと思いました。それから、立地ですね。お店は世界文化遺産である姫路城の近くにあり、その近くに住んでいたので、家からも通いやすく便利だなと思いました。
 そして最後になりましたが、1番の理由と言ってもいいというくらい、時間の融通が利くところです。“利く”というか“利かしてくれる”と言った方が正しいかもしれません。私は主婦ですのでシフトは基本的に昼間に入れてもらっています。時々、申し訳ない話ですが、急に用事ができてどうしても出勤できなくなることがあります。そんな日は本社の社員さんが応援に駆け付けてくださったり、その日お休みの仲間が代わりに入ってくれたり、いつも助けてもらっています。だからこそ仕事と家事が両立できると思いますし、皆さんに感謝、感謝です。

Q2.このアルバイトをしていて心掛けていることは?

播州姫路本町 たまごや 3
 笑顔と声のトーンはいつも気にかけています。表情は笑顔!声は明るくイキイキとを心掛けています。なぜそう思うかと言うと、自分がお客さんとしてお店に行った時、雑な接客をされたら不快に思いますし、やっぱり良い気はしません。仮に、料理がものすごく美味しいお店であったとしても、接客次第で印象が悪くなり二度と行かなくなるということは簡単に起こり得ることだと思います。だから自分も接客をする際には私が店員さんにしてもらいたいと思う接客を、わするように常に心掛けています

Q3.ズバリ、アルバイトは楽しいですか?

播州姫路本町 たまごや 4
 とても楽しいです。Only1の通り、一緒に働く仲間は最高ですし、お客様とお話をするのも楽しい。お店が姫路城の近くなので、兵庫県外からの観光客の方が多くいらっしゃいます。接客をしながら、周辺のおススメ情報を教えてあげたり、逆にお客様の地元の話を聞いたり、この近辺のお客様とはまた違う話で盛り上がりとても楽しいです。おススメ情報は姫路城の近くに住んでいる私の強みですね(笑)。皆さん、とても喜んでくださいます。
 常連のお客様も多いんですよ。いつも優しく愛想よく話しかけてくださいます。ご飯を食べにくることだけでなく、私たちとの会話も楽しみにして来てくださるのでこちらも嬉しいですし、とても楽しいんです。
一緒に働く仲間、日本各国のお客様、近隣の常連のお客様、皆が集まる“たまごや”が大好きですし、アルバイトに行くのも楽しみです。

Q4.たまごやではどんな仕事をしているんですか?

播州姫路本町 たまごや 5
 私は“たまごや”で働いている人の中でバイト歴が6か月と一番短いんです。ですから、入った当初は主に洗い場とホールを担当していました。半年経った最近ではキッチンもさせて頂くようになりました。最初は戸惑いもありました。ご飯がおかわり自由!ということもあり、お昼になると大忙しですから。慣れるまではスピード勝負に必死についていくという感じでした。それでもやってこられたのは、職場の人たちが優しく教えてくださったり、サポートしてくださったからなんです。とても感謝しています

“たまごや”の魅力はなんですか?

播州姫路本町 たまごや 6
 うちのお店はたまごかけご飯の専門店という珍しいお店です。ここで提供しているたまごもお米も自社でとれるので、新鮮で大変美味しいです。さらにご飯とたまごがおかわり自由。たまごもですよ!驚きでしょう。だから、がっつり食べたいお客様もお腹いっぱいになるまで食べて頂けます。さらに播州名物の“穴子めし”もたまごやで食べられます。美味しいものが揃うことが“たまごや”の魅力ではないでしょうか!
いってきました
  • 野中 将史さん

    野中 将史