バイト先のオンリーワン

チームワーク、(仲の良さ)

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 1

すみび 和くら

 オープニングスタッフ同士仲が良く、後輩も馴染みやすいです。カラオケやボーリングはもちろんバイト間だけでなく、店長も含めて飲みに行ったりします。そんな仲の良さがチームワークに繋がっているからです!

  • 文章/Kazuki Kishiya
  • 編集/Tomoya Ikeo・Yumiko Nakanishi
  • Photo/Yutaro Nakase

Q1.なぜこの店で働きたいと思いましたか?

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 2
 オープニングスタッフを募集していて最初は店を1から盛り上げてみたいっていう気持ちで入りました。今でもオープニングスタッフ同士仲が良くてそれが実際バイト中の連携につながっていると思います!やっぱり仲が良かったりチームワークだったりっていうのは、バイト中声をかけやすい関係をプライベートでも築いていることが必要じゃないですか!バイト仲間で飲みに行ったり、カラオケ、ボーリングなどに行く機会が特に多くて充実してます。この店を選んで本当に正解だったなと思います!

Q2.長く続けられた秘訣を教えてください!

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 3
 やっぱりなんといってもバイト中の雰囲気ですね。とても楽しいです。でも仲がいいから楽しいだけじゃなく、やる時はやるという姿勢も必要です。さっきも言ったように僕はオープニングから店に関わってきたんですけど、オープニングで入ったメンバー同士仲が良くて、後から入ってくるメンバーも声をかけやすい関係になっていると思います。だから、店全体が盛り上がっていて初めての人とかにも働くのにおすすめできる店で、長く続けていける店でもあると思います。

Q3.誰かムードメーカー的な人はいますか?

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 4
 はい。雰囲気を良くしているのは店長ですね(笑)店長がバイトに積極的に声をかけくれて店が和んでいると思うしそれがチームワーク、スタッフどうしの仲の良さに繋がってますね。スタッフもそれで心が開けて素が出ているので一人一人がムードメーカー的なところはあります。店長は空気を大切にする人で常に明るく振る舞っていて自慢できますね。もちろん店長もやるときはやります(笑)

Q4.今までのバイトで印象的だったエピソードは?

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 5
 ミスした時に先輩がよくカバーしてくれたことですね。エピソードというか店全体の雰囲気が良いところ、明るいところなど毎日が印象的です。他にも毎日思うことなんですけど、やっぱりお客さんから「ありがとう」とか「おいしかった」とか言ってくれることがとてもうれしいです。ありきたりなんですけどね(笑) 社員さんや仲間と助け合って「ありがとう」を言ったり言ってもらえたりすることもとてもやりがいになっています。

仲間に一言お願いします!

すみび 和くら 京都ヨドバシ店 6
 自分は3月で辞めるんですけど僕が辞めた後もバイト中の雰囲気は変わらないでいて欲しいし、大切にして欲しいですね。もちろん明るさだけじゃなくて注意するところはお互いに注意し合って、自分達や店をもっと高めていってください!後はとりあえず元気が1番だと思うので大きい声を出すことを忘れて欲しくないです。頑張ってください!
いってきました
  • 岸谷 一輝さん

    岸谷 一輝

  • 中瀬 裕太郎さん

    中瀬 裕太郎